2x4四国支部

ツーバイフォー工法で使われる部材

構造用製材には乾燥材を使用

ツーバイフォー建築では、ほとんどの構造用製材に含水率19%以下の日本農林規格に基づく乾燥材を使用しています。

さらに、さまざまな方法によって万全の湿気対策を行っています。湿気や結露への徹底した対策によって、ツーバイフォー住宅は耐久性を確保。永く暮らせる丈夫な住まいを実現します。

耐久性の高い釘・金物

ツーバイフォー工法では当初から太め鉄丸くぎ(CN釘)を枠材相互及び枠材と面材との緊結のために使用しています。

2007年6月より亜鉛めっき処理された太め鉄丸くぎ(CNZ釘)の使用が認められ、耐久性の向上に役立っています。

また、通常、使用する「Cマーク表示金物」はそのすべてに亜鉛めっきが施されており、防錆効果を高めています。

こちらの記事もどうぞ

2x4工法は壁の中で結露しないのですか?
湿気を構造躯体に入れない工夫の数々
壁の中が結露する理由【断熱施工不良】
気流止めとは
ツーバイフォー住宅のメンテナンス
築80年以上のツーバイフォー住宅 | 冨永様邸
関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 (社)日本ツーバイフォー協会 四国支部, JAPAN 2X4 HOME BUILDERS ASSOCIATION SHIKOKU. All Rights Reserved.