2x4四国支部

ツーバイフォー住宅は高気密・高断熱しやすい

省エネルギー住宅は「高性能な外皮」が前提

居住時の暖冷房エネルギーを抑えるための高性能な外皮は、省エネルギー住宅の基本中の基本です。高性能な外皮性能、つまり断熱性・気密性は、施工者の施工技術により性能に大きな差が出ます。断熱・気密施工のしやすいツーバイフォー工法は、施工者の技術に左右されることなく断熱・気密を確保できるという点で優れています。

ツーバイフォー工法は、高性能な外皮を獲得しやすい

ツーバイフォー工法は、壁同士を組み合わせる構造のため、気密性を確保しやすいのが特長です。

特に、床面の施工後に壁を載せる「床勝ち」であり、在来軸組工法のように、根本的に床下から冷たく湿った空気が上がってくる心配のない工法です。

日本で一般的な在来軸組工法では、高性能な外皮にしようとすると、気流止めなどの追加作業が多くなります。

現場での作業工程が増えるほど、施工者の熟練度や工程・天候・作業性による施工ミスが増えやすく、結果として断熱欠損(外皮の性能ダウン)につながりやすくなります。

現在、施工者に頼らない工法はよりいっそう重要になってきています。

ツーバイフォー工法は断熱材の性能を最大限に引き出せる構造

ツーバイフォー住宅は、構造体そのものを断熱化し易く、気密施工も容易なため、建物自体がもともと優れた断熱性・気密性を兼ね備えています。

ツーバイフォー工法の外壁は、枠組材に構造用面材を貼った大壁構造であり、枠組材の間の空間がシンプルであるため断熱材の充填が容易かつ、確実に行えます。(複雑な柱が筋交いがあると、施工技術による断熱欠損が生じやすい)

断熱材が隙間なく入っていないと、壁の中で結露が起こります。
» 2x4工法は壁の中で結露が起こらない

こちらの記事もどうぞ

ツーバイフォー住宅は火に強い【気密性】
ツーバイフォー住宅は省エネルギー住宅ですか?
OSBとは
ツーバイフォー住宅は火に強い【ファイヤーストップ構造】
ツーバイフォー耐火、堅調な伸び、23年度、11%増
2x4工法は壁の中で結露しないのですか?
Q値(キュー値)とは
ツーバイフォー工法(枠組壁工法)とは?
耐火木造による高齢者福祉施設 | ツーバイフォー工法による特別養護老人ホーム
湿気を構造躯体に入れない工夫の数々
壁の中が結露する理由【断熱施工不良】
気流止めとは
Copyright (C) 2012 (社)日本ツーバイフォー協会 四国支部, JAPAN 2X4 HOME BUILDERS ASSOCIATION SHIKOKU. All Rights Reserved.