2x4四国支部

ツーバイフォー工法による木造耐火建築物【耐火性】

2004年、日本ツーバイフォー建築協会が木造で初めて主要構造部(耐力壁、間仕切、床、屋根、階段)の国土交通大臣耐火構造認定を取得しました。

その結果、枠組壁工法(ツーバイフォー工法)による木造耐火建築物の建設が可能となりました。

現在は、耐火構造でなければ建てられない地域(防火地域内で100平方メートル以上の住宅など)や用途(商業施設、ホテル、高齢者向け施設、保育所、幼稚園など)の建物を建設することが出来ます。

こちらの記事もどうぞ

ツーバイフォー住宅は火に強い【気密性】
ツーバイフォー住宅は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
ツーバイフォー住宅は火に強い【ファイヤーストップ構造】
ツーバイフォー住宅は火に強い【実大試験結果】
ツーバイフォー住宅は火に強い【耐火建築の実績】
ツーバイフォー耐火建築のメリット
大規模木造ツーバイフォー工法による耐火構造の有料老人ホーム | 東京
ツーバイフォー工法の特養老人ホーム「りんどう麻溝」 | 神奈川県相模原市
ツーバイフォー工法の社会福祉施設「明治清流苑」 | 大分県大分市
2x4の耐火構造を使った木造の美術館 | 群馬県渋川市
ツーバイフォー耐火、堅調な伸び、23年度、11%増
ツーバイフォー工法(枠組壁工法)とは?
消防士は鉄骨造より木造が安心
耐火木造による高齢者福祉施設 | ツーバイフォー工法による特別養護老人ホーム
ツーバイフォー耐火建築物の年度別推移
関連タグ:
Copyright (C) 2012 (社)日本ツーバイフォー協会 四国支部, JAPAN 2X4 HOME BUILDERS ASSOCIATION SHIKOKU. All Rights Reserved.