2x4四国支部

国産材の枠組壁工法構造用製材JAS認定工場が15工場まで増加

2013-3-12 火曜日

国産材の枠組壁工法構造用製材JAS認定工場は、平成20年には北海道上川郡の1工場しかありませんでしたが、ツーバイフォー工法への国産材の供給を目指して、平成21年2工場、平成22年4工場、平成23年4工場、平成24年4工場と現在15工場にまで増加しています。

都道府県別では、北海道7、岩手、福島、栃木、三重、奈良、岡山、熊本、宮崎各1で、北海道が約半分を占めています。

このように、供給体制が徐々に整いつつあり、実際の使用例が増えることで、更なる増加が期待されます。

こちらの記事もどうぞ

「枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継材の日本農林規格」の確認等の原案作成委員会開始
関連タグ:
Copyright (C) 2012 (社)日本ツーバイフォー協会 四国支部, JAPAN 2X4 HOME BUILDERS ASSOCIATION SHIKOKU. All Rights Reserved.