2x4四国支部

消防士は鉄骨造より木造が安心


ツーバイフォーで建てられたアメリカの消防署

「消火活動の際に危険なのは、木造住宅より鉄骨住宅だ」
という話は、消火活動のプロである消防士からよく聞くことです。

高温で熱せられた鉄骨は急速に強度が低下するため、不意に階上が崩れ落ちて負傷することもしばしばあるからだそうです。

これに対して、木造の構造材は表面が燃えても強度が保たれるので、比較的安全に消火活動ができるといいます。

そんな消防士の木への強い信頼感を物語るように、シアトル郊外のベルビュー市には、ツーバイフォー工法で建てられた消防署があります。

木の耐火性を知りつくした消防のプロならではの感があります。
(出典:『ツーバイフォー住宅の魅力 木造住宅改革の旗手』)

(社)日本ツーバイフォー建築協会会報誌「ツーバイフォー」のVol.185 2010年5月号からの転載記事です。
(2010年5月1日掲載)

こちらの記事もどうぞ

ツーバイフォー住宅は火に強い【気密性】
ツーバイフォー工法による木造耐火建築物【耐火性】
ツーバイフォー住宅は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
ツーバイフォー住宅は火に強い【ファイヤーストップ構造】
ツーバイフォー住宅は火に強い【実大試験結果】
ツーバイフォー住宅は火に強い【耐火建築の実績】
ツーバイフォー耐火建築のメリット
大規模木造ツーバイフォー工法による耐火構造の有料老人ホーム | 東京
ツーバイフォー工法の特養老人ホーム「りんどう麻溝」 | 神奈川県相模原市
ツーバイフォー工法の社会福祉施設「明治清流苑」 | 大分県大分市
2x4の耐火構造を使った木造の美術館 | 群馬県渋川市
ツーバイフォー耐火、堅調な伸び、23年度、11%増
ツーバイフォー工法(枠組壁工法)とは?
耐火木造による高齢者福祉施設 | ツーバイフォー工法による特別養護老人ホーム
ツーバイフォー耐火建築物の年度別推移
関連タグ:
Copyright (C) 2012 (社)日本ツーバイフォー協会 四国支部, JAPAN 2X4 HOME BUILDERS ASSOCIATION SHIKOKU. All Rights Reserved.