2x4四国支部

基礎換気口回りのせん断補強筋間隔を通常の 1/2 以下としている理由は何です か?

「1/2L以下」の補強筋は、地中梁のせん断補強筋ピッチを示しています。

補強筋の根拠とありますが、ここに示される図は、一般的と思われる鉄筋の配置例です。故に、図中には以下、以上の表示がされています。

なお、「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説、日本建築学会」では、せん断補強筋の間隔は、直径9mmの丸鋼またはD10の異形鉄筋を用いる場合には、梁成の1/2以下かつ250mm以下とする、と規定されています。

こちらの記事もどうぞ

合わせ梁のシステム係数はどのようにして決めるのですか?
I型ジョイストは認定品以外を使用してよいのですか?
基礎梁の開口端部モーメントはどのように計算しているのですか?
基礎換気口回りの斜め筋の定着で40dを2か所に振り分けている理由は何ですか?
計算事例での開口脇のたて枠軸力はどのようにして計算しているのですか?
隅角部や T 字交さ部の耐力壁は、直交方向の壁軸力を浮き上り力に対する抵抗 力として考慮できますか?
関連タグ:
Copyright (C) 2012 (社)日本ツーバイフォー協会 四国支部, JAPAN 2X4 HOME BUILDERS ASSOCIATION SHIKOKU. All Rights Reserved.