2x4四国支部

隅角部や T 字交さ部の耐力壁は、直交方向の壁軸力を浮き上り力に対する抵抗 力として考慮できますか?

質問:
X方向に水平力(地震力または風圧力)が作用した場合は、Y方向の NL1 は浮上り力に対する抵抗力として考慮してもよいですか。
また、隅角部以外の交差部ではどうですか。
 

回答:
「2007 年 枠組壁工法建築物構造計算指針」第Ⅵ編事例 3 の 5.2 壁の軸力分担(299 頁)、及び 5.4.2の(2)表(304 頁)を参照してください。

浮上り力の抵抗として考慮できます。T字部においても同様に考慮できます。

枠組壁工法では、屋根構面、床構面、壁構面が一体となり水平力に抵抗します。

従って、隅(L字)や T 字に直交している耐力壁相互は、他方の耐力壁端部が浮き上がろうとする際、抵抗する荷重として作用します。

但し、浮き上がりを生じる壁端部からの距離が 3P(2.73m)を超える長さの無開口壁が直交する場合は、その壁の直交部分から3P 以内で負担する軸力を押さえ軸力に考慮することが一般的です。
 

こちらの記事もどうぞ

合わせ梁のシステム係数はどのようにして決めるのですか?
I型ジョイストは認定品以外を使用してよいのですか?
基礎梁の開口端部モーメントはどのように計算しているのですか?
基礎換気口回りのせん断補強筋間隔を通常の 1/2 以下としている理由は何です か?
基礎換気口回りの斜め筋の定着で40dを2か所に振り分けている理由は何ですか?
計算事例での開口脇のたて枠軸力はどのようにして計算しているのですか?
関連タグ:
Copyright (C) 2012 (社)日本ツーバイフォー協会 四国支部, JAPAN 2X4 HOME BUILDERS ASSOCIATION SHIKOKU. All Rights Reserved.