2x4四国支部

湿気を構造躯体に入れない工夫の数々

結露は室内外の温度差や、温度の急激な変化などによって起こります。とくに壁の内部や小屋裏で発生しやすい結露は、木材の腐朽の原因となるだけでなく、カビの繁殖など、住まいにさまざまな悪影響をおよぼします。

ツーバイフォー住宅は壁内に断熱材が充填されているため、室外と室内の温度差がゆるやかに緩和され、結露が発生しにくい構造となっています。

また、小屋裏には軒裏換気、妻換気等を設けるなどして有効な換気方式を採用しています。

また、一般的に断熱材の外側(外壁仕上げの内側)に通気層を設け、万一の漏水時の排水のためにも役立っており、耐久性を高めることとなっています。

» 2x4工法は壁の中で結露しないのですか?

こちらの記事もどうぞ

ツーバイフォー住宅は高気密・高断熱しやすい
2x4工法は壁の中で結露しないのですか?
ツーバイフォー工法で使われる部材
壁の中が結露する理由【断熱施工不良】
気流止めとは
ツーバイフォー住宅のメンテナンス
築80年以上のツーバイフォー住宅 | 冨永様邸
関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 (社)日本ツーバイフォー協会 四国支部, JAPAN 2X4 HOME BUILDERS ASSOCIATION SHIKOKU. All Rights Reserved.